核心技術

高分子化学研究

アクリル、ゴム、PU、シリコンなどポリマー材料の重合研究に力を入れています。その研究結果を新規粘着剤の開発に応用しています。例えば、顧客様の異なるニーズに合わせて高耐熱性、高保持力、高粘着、UV硬化と加熱剥離などの性質を有する粘着剤を開発しました。ポリマー重合技術の理解を深めることを通じて顧客様の新しい用途と要求を満たせるように粘着剤の配合を開発・調整したりします。

ポリマーレオロジー

ポリマーレオロジーの研究を通じて、粘着剤の流変特性を把握し、粘着剤配合、塗工製造と仕上げ加工の調整に応用することができます。また、ユーザーと作業者の使用環境、物流の運送保管環境等に合わせて適切な方策を提供しています。

分光分析

ISO/IEC17025規格と同等レベルの分析センターを設けています。フーリエ変換赤外分光分析(FT-IR)、ガスクロマトグラフ質量分析(GC-MS)粒度分析など測定・分析機器を用いて、基材と粘着剤の材料に対して精密的な定量分析を行い、材料と製品の特性を把握しています。これらの研究分析方法と機器を通じてポリマー化学分野の能力を向上させ、各産業に求められている特性の開発を強化しています。